応援してやってください

自己紹介

えっちなげーむのお仕事してます。

2013年6月30日日曜日

旅行に行ってきたんよ

twitterの方でもちょこちょことつぶやいてましたが、昨日は車で友達と都内まで行って来ました。

結果からいうと
水戸→茨城の北の方→府中→池袋→鎌倉→横浜→新宿→茨城の北の方→
日立駅→勝田駅→水戸
というアホみたいな動きをしたわけですが、どうしてそうなったか。
それは、6/28の夜まで遡ります。

6/28は花金フライデーなわけですが、ナチュラルで非リア充な私にはほぼ無関係。
もちろん定時後の予定なんてあるわけもなく、いつもどおり帰宅して夕食をとり、
PCを開いてメールチェックしたり取るに足らないことをつぶやいてました。

そんな中、何気なくつぶやいた
募)明日私と遊んでくれる人
というツイートに高校時代からの親友が「明日空いてるよ!」というリプライをくれたのが
この愉快な旅行を始めるきっかけと相成りました。
これがだいたい28日の夜、日付が29日に変わるか変わらないかのあたり。

で、その約3時間後、私は別の友達の家を訪ねていました。

何を言っているのかわからないって?
大丈夫、私も今自分で文章に直していて「何やってんだコイツ」って思ってますので。

※以下ややこしくなるので、最初にリプライをくれた親友をA、
 もう一人の親友をBとします。

Aから連絡をもらった私は「せっかく集まるなら他にも誰か誘うか」と高校時代の友人達に
連絡をし、OKをくれたBを迎えに彼のおうちまで訪れたわけです。午前4時前に
なんだよ午前4時って。天体観測かよ。

ちなみにBは私の家から車でだいたい2時間くらいの距離に住んでます。
この時点で思わずニッコリしてしまいますね。

あとは↑に書いた流れでひたすらドライブ。
長々と書いたところで私の文章力じゃ面白さが微塵も伝わらないと思うので、
要点だけ以下にまとめます。

・運転中になんか異音がするなと思って見てみたら、携帯の充電器がドアの隙間から外へ。
 お亡くなりに。

・都内の駐車料金の高さに絶望。

・池袋→鎌倉は完全にノリ。発案者はA。
 そして折角鎌倉を訪れたのに大仏付近の駐車場が空いていなかったため、
 完全に「通っただけ」状態。なんのための訪問だ。

・首都高怖い。

・横浜中華街でちょっと豪華なディナー。
 お値段がそこそこするだけあってかなり美味しかった。
 強いて言うなら白米が欲しかった。特に麻婆豆腐食べてる時。

・Aが『池袋か新宿で下ろしてくれればいいよ』と言うので池袋に向かうも、
 途中で『出来れば新宿の方がいい』といわれる。
 (#^ω^)

・高速に乗る前にガソリンの残りが少ないことに気づく。
 メーター的にはBの家に着くか着かないかあたりの距離で空になる計算。
 友部SAまでは確実に行ける量だったのでチキンレース開始。
 結局高速降りた時点で「まだ50kmは余裕で走れるよ!」とカーナビに言われる。

・終盤は疲れをごまかすために車内でカラオケ大会開催。
 運転しながらBが流すKOTOKOさんの曲をひたすら歌う。
 『PrincessBrave!』を歌い切ったら『なんで歌詞全部覚えてんの』と引かれる。

・Bを家まで送った後、唐突に海が見たくなる。
 (ちなみに当日アホみたいに見ている。行きの行程や神奈川の往復路で)
 気がつけば日立駅にいる。

・国道6号を走っていたら、いつの間にか勝田駅に。謎。

・結局自宅に帰ったのは6/30の午前2時くらい。

・ちなみに6/28の朝7時からほとんど寝てない(仮眠しようとしても寝れない)ので、
 40時間以上活動していた計算に。

こうしてまとめてみると、完全にアホの所業ですね。
そして、気がつけば一都六県でドライブしてない場所は群馬だけに。
……群馬かー……群馬かー……。うん、気が向いたら行こう。パスポート作らないとな。

2013年6月18日火曜日

血液型に関する考察

先程twitterを眺めていたら、某友人から「O型あるある」的な内容のRTがまわってきたので
自分の性格と照らしあわせてつらつら書いてみる。
もちろん自分自身のことを100%客観的に見る、なんてことはできないので、
飽くまで「自分から見た自分」という体になってしまうけれど、ああそれはそれ。


・話してる途中で話変わる
これは私には該当しない……と思う。
基本的に私はひとつの話題に対してちゃんと区切りやオチをつけないと
その次の話に移れない性格なので。
これは他人に対しても同様で、唐突に話題を変えられると
つい「え、オチは?」みたいなことを言ってしまったりする。
ちなみに私の母はこの項目にバリバリ該当する。
二人で話をしてると、けっこうな頻度で会話がカオスなことになってしまうので。


・好きなものに一直線
これまた微妙なところ。どちらかといえば、まあ。といった感じだろうか。
今のところ、「脇目もふらずコレをやる」みたいに熱中したことはないんじゃないかな、と。


・興味ない事には見向きもしない
これはマジであるある過ぎて困る。
なので、友人達で集まった時に自分が全く興味がないものを全面的に押し出されると
内心かなり冷めるというか、それ以外のことに興味を向けてしまう。


・マジ切れ=沈黙
理性を無くすまでキレたことがないので、今のところこれも該当。
でもあんまり『マジギレ』ってほどキレたりはしないと思う。
激おこぷんぷん丸までは行くけど、
げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリームまでは行かない的な。


・割と常識人
うん。


・1人が好き/独りは寂しい
これはあるある。っていうかこれO型に限ったことじゃないと思うんだけど、どうだろう?


・猫みたいな性格
わしめっちゃ犬っぽい性格ですしおすし。
というわけでこれは違うかなーって。


・親しい相手に対してドS
多分当てはまるんだろうけど、いかんせん私のまわりは私以上にドSな奴らが
こぞって集まっているので、序列的にそうは見えなくなるという。


・冷たいのは親愛の証
冷たいというか、親しい相手ほど扱いがぞんざいになるのはあるよね。
もちろん愛があるイジり方はするけれども。


・大人数は嫌い
んなこたあない。みんなでわっほいするの大好きよ。イベントとか超好きよ。
だからコミケ的なイベントの出展だったり、ユーザーさんと直接会えるのも大好き。
ただし人見知りするので、打ち解けるというか自分の素が出せるようになるまで
少し時間はかかるかもしれない。


・一部にだけ神経質
自分の部屋は汚いのに、他人の部屋の掃除になると張り切ります。


・涙もろい
何回観てもアニマス20話で涙ぐめる程度には涙もろいんじゃなかろうか。
ただ、ドキュメンタリーとか「全米が泣いた」とかだと泣かないかなあ。
最初から「感動の大作」みたいに銘打たれると萎える的な。
あ、D.C.II P.S.のアイシアルートとかまひるルートは初見でボロッボロきました。
あの挿入歌は反則だと思うんですが。


総評:たった4種類しかない血液型で60億の人間の性格を決めてしまうのは早計だと思います。
おわり! オチはないよ!

2013年6月15日土曜日

たとえばの話

たとえば空が赤かったら、起きた時朝か夕方かわからなくて困る。

たとえば砂糖がしょっぱかったら、塩と間違えてもそれほど困らない。

たとえば私が女だったら、とりあえず胸を揉んでみる。

たとえばエロゲのヒロインが男だったら、市場は大変なことになると思う。



そんな、どうでもいい話。

セッ○ス

※二次元のお話です。
※○の中にはクが入ります。

某変態仲間がつぶやいていた「セッ○スベスト5」についてちょっと考えてみる。
要は、そういった行為におけるシチュエーションとかプレイ内容とか、
そういったことなんだろうと思う。

私自身(勿論仕事柄もあるけれど)余程アブノーマルなプレイでなければ
どんなシチュエーションやプレイでも割と許容できてしまうので、
ずば抜けて『こんなシチュエーションが好き』『こんなプレイが好き』といったものは
実はなかったりする。

付け加えて言うなら、同じシチュエーションやプレイ内容でも相手が違えば
受ける印象は全然変わるので、どちらかというと私は『どんな』よりも『誰と』を
重視する傾向にあると言える。

モバマスで例えるとしよう。
たとえば、遊園地の観覧車の中で「You、しゃぶっちゃいなYO」と言ったとして、
新田ちゃんは歩くセッ○スだから照れながらも喜んでDOしちゃうと思うし、
幸子はあわあわして涙目になりながらおっかなびっくりPのpに手を伸ばし……
な感じになると思う。
この場合、どちらも満足値は得られるけれどそのベクトルはそれぞれ異なるわけで。

ウェディングドレスを着た娘と夜のLiveバトルをする場合でも、
相手が加蓮かわくわくさんかで話が変わってくる。
加蓮相手なら優しく、たどたどしく、けれど愛に満ち溢れた一幕になるだろうし、
わくわくさんの場合はスタミナが切れるまでマラソンすることになるだろう。
この場合も『どちらもPの攻コスが0になる』という点は変わらないものの、
受ける印象は変わってくる。

『胸でシクヨロ』と頼んだ場合も、雫さんと藍子では内容に雲泥の差が出てくることだろう。

これらのことから、仮に『好きなセッ○スベスト5』を決めるとしたら
『誰と』『いつ』『どこで』『どんな風に』『何をした』をカッチリ決めておかないと、
いざ相手に説明した時に正しくビジョンが伝わらないのではないかと思う。

ただ、私はこのベスト5を決めるつもりは微塵もなかったりする。
それは、一度『ベスト5』という枠=上限値を自分の中で決めてしまうと、
それ以上の発展が難しくなってしまうという点、
加えて、最初にも記載したとおり私自身割とどんなプレイでもいけてしまうという点が
主な理由だ。



うん、なんでこんなこと書いてるんだろう私。
まあいいや、全部この暑さがいけない。ケセラセラ。

2013年6月8日土曜日

ドライブ超楽しい

思いつきで行動することに定評がある私ですが、今日もやらかしました。

今日はラブらのスクリプトでお世話になったTeamINCTの代表である
「酒金大河」先生と、個人的に『あみプレミアム・アウトレット』まで行って来ました。

元々はちょっとしたものを買ってあとはブラブラしよう、という流れだったのですが、
予想外に早く予定を消化してしまったため、午後がまるまる空き時間に。

私と酒金先生は前々からお互いの車で遊びに行ったりしていて、
ある日は気がつけば栃木に、ある日は気がつけば福島に、
そしてまたある日は気がつけば千葉の端っこにいたり、といった感じで
毎回なかなかに頭がおかしい距離をドライブしているわけですが……
今回は前にも増してはっちゃけました。

一都六県のうち、制覇していないのは東京、神奈川、埼玉の三県。
※群馬は意図的に除外。暑いし。
そういえば前の会社を辞めてからしばらく埼玉……というか蓮田には
足を運んでないな、と思い、流れで埼玉まで出向くことに。

さて、そこで素直に高速を使っておけばよかったのですが、
『高速を使ったら負けだ』
という謎の天啓が降りてきたので下道で行くことに。
完全にアホの所業である。

当然移動時間は長く、ところどころで休憩をはさみながら、
阿見→牛久→つくば→古河→野田と移動し、
どうにかこうにか春日部までたどり着きました。
ここまで来てしまえばあとは早いもので、途中で目に入る景色を見ながら
「あー、そういえばこの辺り兄さんとよく来たなー」と
昔の思い出に思いを馳せたり。
脳内では『赤い屋根の家』が流れてましたね。
うん、シルバニアファミリーのことではない。

そんなこんなで、昔住んでたアパートの近くに立ち寄ったり、
蓮田駅前の変わり様に驚いたりしているうちに、気がつけば大宮に。
まあ、大宮に行ったところで車外には一切降りず
また蓮田までとんぼ返りしたんですが。

ってうか、蓮田駅にまたファミマ増えてんじゃん!?
何考えてんの!? 

で、蓮田の「ペコペコ」というステーキ屋で『ゴムゴムの肉』と呼ばれる
独特な歯ごたえを持つステーキをもぐもぐ。
残念なことに、昔食べたそれよりも普通の食感になってました。
あれはあれで味わい深かったんだけどなあ……。

そして気がつけば時刻は6時ちょい前。
帰りのことを考えると、もう寄り道してる時間はなさそう。
ちなみに、高速は意地でも使わない模様。

帰りはほとんど行きの道を逆走するだけの簡単なお仕事。
勿論車内での会話は行きと同様にここにはとても書けないようなお下品な内容。
まだマシな方をピックアップしてくとしたら、

・女の子とドライブしたいね
・モバマスで一緒にドライブしたいアイドルは誰か
・モバマスで『パンツ見せて』って言ったら見せてくれそうなアイドルは誰か
・モバマスで胸触っても怒らなさそうなアイドルは誰か
・幸子を泣かせたい
・赤信号で止まった時、不意打ちで助手席にいる幸子にちゅーしたい
・新田美波は歩く○○○ス
・和久井さんは重いからノータッチが正解だよね

こんな感じ。
合間に都々逸作って遊んでました。

で、8時過ぎくらいに酒金先生とバイバイして帰宅……の前にちょっと寄り道。
で11時くらいに帰宅、今に至るというわけです。
今になって足の疲れががが……。
でもまあ、やっぱり誰かと遊ぶってのは楽しいですね。
今度はもっと多くの人と一緒に遊びたいなあ。

あと少しで夏だし、ちょっとおもしろそうなこと企画してみようかな。
おわり。